目と体

目の疲れからくる肉体疲労

近年、ネット社会ともいえるほどインターネットが普及してきています。 会社で使うのはもちろん、一家に一台はパソコンがあるのが当たり前で、また、スマートフォンの普及などで液晶を見る機会が大幅に増えました。 それにより、目の疲れを訴える人が格段に多くなってきているのです。 目の疲れには、しっかりと目を休ませることが効果的です。 ほっとアイマスクなどを、休憩中や夜寝る前にすることで疲労がとれます。 また、目の疲れからくるのが肩こりです。目からの肉体的疲労は、とても問題になっています。 身体の疲れを癒すために、高いエステや、マッサージに通っても目の疲れを取らない限り、あまり良くならないのです。 現代人の課題とも言えるでしょう。

目に少しでも負担をなくす方法

また、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面から放たれる光は、目の疲れ以外にも視力の低下や、興奮作用があります。 寝る前に、パソコンやスマートフォンをさわるとなかなか寝付くことが出来な以外原因にもなってきます。 寝る1時間前は、光のでる画面はあまり見ないようにすることです。 また、視力の低下が懸念されている中で現在はPCメガネが多く販売されています。PCメガネは、パソコン専用のメガネで、度が入ってなくパソコンやスマートフォンから放たれる原因となる光を通さない特徴があります。 それにより、目の疲れの緩和に繋がるのです。 こういったものを上手に使っていき、目の負担を少しでもなくし、日々の生活に役立てられればと思います。